あらすじ

本当は、もっとクリエイティブなことに時間を割きたいのに、いつも手間のかかる「作業」にばかり時間を取られてしまう。なるべく、時間を短縮して、Webデザインに集中するためにはどうしたらいいのか。
答えは、「いちばん速いテクニック」を身につけることだと私たちは、考えました。
本書がプロのデザイナーのみなさんの作業時間を節約し、楽しくクリエイティブな毎日を送るための一助になれば幸いです。
~~~~~神速Photoshop Webデザイン編 はじめにより~~~~~
作業時間を早くすること・短縮することが、私の今の課題でもあり、勉強しなくてはならないと思い、読み始めました。

読んでみて勉強になった点

  • 作業早くするには、環境設定・プリセット・表示設定などいじる
  • よく使うサイズは、ドキュメントプリセットを設定しておく
  • レイヤーパネルは、パネルオプションから最大にしておき、レイヤーの範囲内のみ表示する
  • 作業用のピクセルグリッドはCS6/CCは5px CS5以前は、1pxに設定し、グリッドを表示させておく
  • ブリッジの右下にあるスライダーを大きくして、ファイルのサムネイルを表示する
  • よく使うフォントは、アクションにセットしておく
  • よく使う色はスウォッチパネルに保存しておく
  • 高解像度で画像アセットをしたい場合は、ファイル名.拡張子,倍率 ファイル名 @2x.拡張子をレイヤーに書くと自動でアセットで保存される
  • 変数機能を使って、バナーやサムネイルをまとめて作る
  • グループの複製で、共通パーツはリンク配置する
  • 同サイズのナビゲーションは、スライス選択ツールでスライスを選択して、スライスの上のオプション分割を利用して、すぐにスライスができる
  • 境界線がボヤけている写真は、複製し、複製したレイヤーに乗算をかけ、ブラシとマスクで調整
  • エッジを保護してスマートシャープしたり、量や半径を調整して、スマートシャープを使ったりして、写真を鮮明に写す
  • グラスや化粧品の写り込みは、パペットワープで作成する。
  • 手ぶれの写真は、フィルター→ぶれの軽減を選び、そこのパネルオプションで、ぼかしとノイズで調整する
  • パスでの切り抜きは、ラバーバンドを併用して、写真のパス切り抜きを素早くやる&同時にパスの動作とベジェ曲線を使いこなすこと
  • 読んでみて今後の私の課題

  • ショートカットをもっと使いこなして、覚えること
  • 作業早くするのには、数だと思うので、数をこなすこと
  • 改めて、この2点が重要だと感じました。

    写真のレタッチやバナーの模写をたくさんしていって、もっと数をこなしていこうと思います!